ジム・ジャームッシュのカボチャと村上春樹のおおきなかぶ


人生の旅路を半ば終えて
我は親しき友に言う
これからの人生は一方通行

ジム・ジャームッシュが監督した映画『ナイト・オン・ザ・プラネット Night on Earth』。
ロサンゼルス、ニューヨーク、パリ、ローマ、ヘルシンキを舞台にしたタクシードライバーと乗客の交流を描いた物語で、このうちのひとりロベルト・ベニーニ演じるローマのタクシードライバーが先に挙げた言葉を口にする(※日本語字幕バージョン)。
そんな哀愁を心に宿した彼が乗客の神父様を送迎している時にカボチャについて話をする。

蕪畑に埋まっていた
大きな蕪を・・・・・

村上春樹のエッセイ『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』に収められたひとつの話「おおきなかぶ」。
これは『今昔物語』で語られるらしい蕪についての話。
本のタイトルになるくらいだから、そこには村上春樹からの何かしらのメッセージが込められているのだと思う。

カボチャとおおきなかぶ。
どちらも描かれている時代は違うし、国だって違う。
けれど、ふたりの奇才ジム・ジャームッシュと村上春樹が描くカボチャとおおきなかぶは、映画の観客を、本の読者を共通の場所へと誘う(いざなう)。