村上春樹の聴いたビートルズはリアルタイム、斉藤和義の見たビートルズはTVの中

ピーター・フォンダとデニス・ホッパーが作ったきれいなストーリー『イージー・ライダー』

♪ A man went looking for America.
  And couldn’t find it anywhere,,,
  僕の大好きな映画のポスターに書いてある
  1969年のピーター・フォンダとデニス・ホッパーが作ったきれいなストーリー

斉藤和義が歌う『アメリカ』という歌。
『アメリカ』を聴きながらふと思ったけど、映画『イージー・ライダー』を3回観た人物が村上作品のどこかに居た。

・・・・・・う〜ん?

そうだ!
『世界の終りとハードボイド・ワンダーランド』の「私」だ!
ステッペンウルフの『ボーン・トゥー・ビー・ワイルド』とマービン・ゲイの『悲しいうわさ』のイントロが似ている、という「私」。

『アメリカ』を聴いていると、斉藤和義も一冊くらいは村上春樹の本を読んだことがあるのかもしれいなぁ、という気がしてくる。
村上春樹の聴いたビートルズはリアルタイム、斉藤和義の見たビートルズはTVの中、そういう時代の違いはあるけど、「あっ!」って思わせる感触が斉藤和義の音楽には潜んでいる。