村上春樹新聞

『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ

村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』

村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ。

『風の歌を聴け』のあらすじ

相棒と大量のビールを飲み干し、女の子と出会い、ラジオのディスクジョッキーと会話を交わし、ジュークボックスにかかるレコードを聴きながら故郷で過ごす。
そんな、ある夏の「僕」の青春の物語。

小説の冒頭部分

「完璧な文章などといったものは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。」
僕が大学生のころ偶然に知り合ったある作家は僕に向ってそう言った。僕がその本当の意味を理解できたのはずっと後のことだったが、少なくともそれをある種の慰めとしてとることも可能であった。完璧な文章なんて存在しない、と。
しかし、それでもやはり何かを書くという段になると、いつも絶望的な気分に襲われることになった。僕に書くことのできる領域はあまりにも限られたものだったからだ。例えば象について何かが書けたとしても・・・

主な登場人物

名言

『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

音楽

『風の歌を聴け』に流れていた音楽

映画

『風の歌を聴け』に出てきた映画

『風の歌を聴け』に出てきた本

『風の歌を聴け』で名前が挙がった有名人

版と刷

群像新人文学賞受賞にあたっての選評

関連記事

【アマゾンで購入される場合はこちらをどうぞ】