『かえるくん、東京を救う』の名言や心に響く言葉

『かえるくん、東京を救う』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『かえるくん、東京を救う』に収められた名言。

理解とは誤解の総体に過ぎない。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

世界とは大きな外套のようなものであり、そこには様々なかたちのポケットが必要とされているからです。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

ぼくにはあなたの勇気と正義が必要なんです。あなたがぼくのうしろにいて、『かえるくん、がんばれ。大丈夫だ。君は勝てる。君は正しい』と声をかけてくれることが必要なのです。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

最高の善なる悟性とは、恐怖を持たぬことです。

『かえるくん、東京を救う』
ニーチェの名言

真の恐怖とは人間が自らの想像力に対して抱く恐怖のことです。

『かえるくん、東京を救う』
ジョセフ・コンラッドの名言

これは責任と名誉の問題です。どんなに気が進まなくても、僕と片桐さんは地下に潜って、みみずくんに立ち向かうしかないのです。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

あなたのような人にしか東京は救えないのです。そしてあなたのような人のためにぼくは東京を救おうとしているのです。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

ぼくらの人生は勝ち方によってではなく、その破れ方によって最終的に価値を定められるのです。

『かえるくん、東京を救う』
アーネスト・ヘミングウェイの名言

目に見えるものが本当のものとはかぎりません。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

ぼくの敵はぼく自身の中のぼくでもあります。

『かえるくん、東京を救う』
かえるくんの名言

目に見えるものがほんとうのものとは限らない。

『かえるくん、東京を救う』
片桐の名言