『蜂蜜パイ』の名言や心に残る言葉

『蜂蜜パイ』の名言や心に残る言葉

村上春樹の短編小説『蜂蜜パイ』に収められた名言。

こいつはいつかは起こったことなんだよ。それは理解してくれ。今起こらなくても、いつかはどこかで起こったはずだ。

『蜂蜜パイ』
高槻の名言

何かをわかっているということと、それを目に見えるかたちに変えていけるということは、また別の話なのよね。

『蜂蜜パイ』
小夜子の名言

たぶんお前にはお前のややこしい流儀みたいなのがあるんだろう。それはわかるよ。俺の目には、ズボンをはいたまたパンツを脱ごうとしているようにしか見えないけどね。

『蜂蜜パイ』
高槻の名言

それは起こったんだ。今じゃなくても、いつか同じことがどこかで起こっただろう。

『蜂蜜パイ』
高槻の名言

人生という長丁場を通じて誰かひとりを愛し続けることは、良い友だちとみつけるのとはまた別の話なのだ。

『蜂蜜パイ』
淳平の名言

相手が誰であろうと、わけのわからない箱に入れさせたりはしない。たとえ空が落ちてきても、大地が音を立てて裂けても。

『蜂蜜パイ』
淳平の名言