レイモンド・カーヴァーの『夢』

村上春樹が翻訳したレイモンド・カーヴァーの短編集『必要になったら電話をかけて』。 この中に収められている『夢』は、「将来の夢を見る」の夢ではなく、「夜、寝ているときに夢を見る」の夢の話。 物語は主人公の「私」によって語ら … 続きを読む レイモンド・カーヴァーの『夢』