『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ

村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ。 『風の歌を聴け』のあらすじ 相棒と大量のビールを飲み干し、女の子と出会い、ラジオのディスクジョッキーと会話を交わし、ジュークボックスにかかるレコードを聴きながら故 … 続きを読む 『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ

『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

村上春樹が初めて書いた小説『風の歌を聴け』に収められた名言や心に響く名台詞。 完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。 『風の歌を聴け』 「僕」の名言 あらゆるものから何かを学び取ろうと … 続きを読む 『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

ジョン・F・ケネディ「人間は生まれつき不公平に作られている」

80年代に出版されたエッセイ『村上朝日堂の逆襲』に「交通ストについて」という話がある。それによると、村上春樹は交通のストライキ、例えば線路を電車が一本も走っていない、みたいな状況が好きなんだとか。 理由は、「いつもと違っ … 続きを読む ジョン・F・ケネディ「人間は生まれつき不公平に作られている」

『風の歌を聴け』に描かれる「嘘つき」のくだりについての考察

『風の歌を聴け』に描かれる「嘘つき」のくだり。 具体的には「僕」とガールフレンドの間で交わされるこんなやりとり。 「ねえ、私を愛してる?」 「もちろん。」 「結婚したい?」 「今、すぐに?」 「いつか・・・・・・もっと先 … 続きを読む 『風の歌を聴け』に描かれる「嘘つき」のくだりについての考察

『風の歌を聴け』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

1970年8月8日〜8月26日 この期間が『風の歌を聴け』という物語の大半を占める。 計算してみると、今から44年も前に起こった出来事ということになる。 1970年とはいったいどんな年だったんだろう? 映画『イージー・ラ … 続きを読む 『風の歌を聴け』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

『風の歌を聴け』に出てきた映画

『風の歌を聴け』に出てきた何本かの映画。 デヴィッド・リーン監督 『戦場にかける橋』 「僕」とガールフレンドが布団にくるまってサンドウィッチを齧りながらテレビで見ていた映画。 映画の中で、兵隊が行進中に流れる印象的な音楽 … 続きを読む 『風の歌を聴け』に出てきた映画

『風の歌を聴け』に流れていた音楽

1970年の夏が舞台の物語『風の歌を聴け』に流れていた何曲かの音楽。 『ミッキー・マウス・クラブの歌(ミッキーマウス・マーチ)』 ジェイズ・バーでビールを飲み終え、帰宅途中に「僕」がずっと口笛を吹いていた音楽。 『風の歌 … 続きを読む 『風の歌を聴け』に流れていた音楽

『風の歌を聴け』に出てきた本

村上春樹の本『風の歌を聴け』に出てきた本。 フローベール 『感情教育』 ジェイズ・バーで酢漬けの鯵と野菜サラダを食べ、ビールを飲みながら『風の歌を聴け』の主人公の「僕」が読んでいた本。 テネシー・ウィリアムズ 『熱いトタ … 続きを読む 『風の歌を聴け』に出てきた本

『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』のジェイとジェイズ・バー

『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 の登場人物ジェイと、ジェイがオーナーをつとめるジェイズ・バーについて。 ジェイ 中国人。ただ、中国には一度も行ったことがない。 「僕」よりずっと上手い日本語を話す。年齢は「僕 … 続きを読む 『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』のジェイとジェイズ・バー

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の鼠

『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 『羊をめぐる冒険』 の重要人物、鼠について。 経歴 1947年9月 誕生! 1967年 【春】「僕」と出会う。 1969年 【夏】「不治の病に冒されていると信じこんでいる有名 … 続きを読む 『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の鼠