『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

村上春樹にとって最初の短編小説『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ。 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじ 「顔を上げて胸をはりなさい、そして誇りを持ちなさい」と言った、最初の中国人。 「そもそもここは私の居 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

短編『中国行きのスロウ・ボート』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

『1973年のピンボール』の後に出版された、村上春樹にとって初めての短編集『中国行きのスロウ・ボート』。 その本のタイトルに採用された、村上春樹にとって初めての短編『中国行きのスロウ・ボート』。 これは、三人の中国人と出 … 続きを読む 短編『中国行きのスロウ・ボート』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

『中国行きのスロウ・ボート』の主人公「僕」

『中国行きのスロウ・ボート』の主人公「僕」について。 経歴 1959年(または1960年) 少しばかり暖かすぎる秋の日曜日、港街の山の手にある中国人子弟のための小学校(中国人小学校)で模擬テストを受けた日、最初の中国人に … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』の主人公「僕」

イラストレーターの安西水丸さん逝く

村上春樹との名コンビで知られるイラストレーターの安西水丸さんが亡くなった。 3、4年もしたら、また村上春樹と安西水丸さんのゆる〜い本が出るだろうと気楽に考えていたけれど、ふたりの新しい本がもう読めないと思うととても寂しい … 続きを読む イラストレーターの安西水丸さん逝く

『中国行きのスロウ・ボート』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『中国行きのスロウ・ボート』に収められた名言。 僕の記憶力はひどく不確かである。それはあまりにも不確かなので、ときどきその不確かさによって僕は誰かに向って何かを証明しているんじゃないかという気がすること … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』の名言や心に響く言葉

『中国行きのスロウ・ボート』と『中国行きのスロウ・ボート』

『中国行きのスロウ・ボート』は『1973年のピンボール』の後に書かれた、村上春樹にとって初めての短篇。 港町の小学校で出会う中国人教師 上京した東京で出会う中国人の女子大生 青山通りの喫茶店で出会う中国人の同級生 主人公 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』と『中国行きのスロウ・ボート』