『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がベストブックカバー2014に選出

世界中のいくつの国で村上春樹の本が翻訳されているかご存知ですか? と、もし質問されても、僕は詳しい数を知らないので答えられない。 50カ国は下るまいと踏んではいるけれど。 それが何カ国であったとしても、そこには翻訳されて … 続きを読む 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がベストブックカバー2014に選出