シングルモルトウイスキーの聖地

アイラ島で村上春樹が飲み比べをしたウイスキー

ワイルド・ターキー × 2本
カティー・サーク
I・W・ハーパー × 3本
ジャック・ダニエルズ × 2本
フォア・ローゼズ
ヘイグ
シーヴァス・リーガル × 半ダース

これは『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に出てくる大男が割ったウイスキーの瓶のリスト。
部屋じゅうがウイスキーの匂いでいっぱいになる。
大男の従兄の小男は「ここにいるだけで酔払っちまうね」と感心したように言う。
読者である僕の頭ん中もウイスキーの香りがぷんぷんしている。胃がきゅーっと収縮するような感覚さえある。

『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』はスコットランドとアイルランドが舞台のウイスキーにまつわる旅行記。

いわゆるスコッチ・ウイスキーは、発芽した大麦のみから造られた「シングルモルト」と、それ以外の穀物を蒸留した「グレイン」をブレンドして作られる。アイラ島(シングルモルトウイスキーの聖地)で生産されるのはシングルモルトがほとんど。

と、つい気取って説明してしまいたくなるけど、これは本の受け売りです。

この本にはボウモア蒸留所のマネージャーであるジム・マッキュエンさんという人が登場する。
もし彼が『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』を読んだら、少し悲しい顔色を浮かべて村上春樹にこう尋ねるかもしれない。

「ねえ、ミスタームラカミ、なぜこの大男はウイスキーを割っているんだい?」

※写真は村上春樹がアイラ島にある小さなパブのカウンターで飲み比べをしたウイスキー
アードベッグ(20年、1979年蒸留)
ラガヴリン(16年)
ラフロイグ(15年)
カリラ(15年)
ボウモア(15年)
ブルイックラディー(10年)
ブナハーヴン(12年)