『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の名言や心に響く言葉

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の名言や心に響く言葉

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に埋まっている名言や名台詞、心に響く言葉、心に残る言葉。

記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても、それがもたらした歴史を消すことはできない。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
沙羅の名言

限定して興味を持てる対象がこの人生でひとつでも見つかれば、それはもう立派な達成じゃないですか。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
灰田の名言

いくら薄っぺらで平板であっても、この人生には生きるだけの価値がある。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
緑川の名言

自分が見たいものを見るのではなく、見なくなくてはならないものを見るのよ。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
沙羅の名言

事実というのは砂に埋もれた都市のようなものだ。
時間が経てば経つほど砂がますます深くなっていく場合もあるし、時間の経過とともに砂が吹き払われ、その姿が明らかにされてくる場合もある。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
アカの名言

記憶を隠すことはできても、歴史を変えることはできない。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
沙羅の名言

痛みがある方がまだいいのだ、彼はそう考えようとした。
本当にまずいのは痛みさえ感じられないことだ。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

休暇と友だちは、人生においてもっとも素晴らしい二つのものだ。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
フィンランド人のタクシー運転手の名言

どんな言語で説明するのもむずかしすぎるというものごとが、私たちの人生にあります。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
オルガの名言

世の中には女性の姿を通してしか伝えることのできない種類のものごとがある。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

人の心と人の心は調和だけで結びついているのではない。それはむしろ傷と傷によって深く結びついているのだ。痛みと痛みによって、脆さと脆さによって繋がっているのだ。悲痛な叫びを含まない静けさはなく、血を地面に流さない赦しはなく、痛切な喪失を通り抜けない受容はない。それが真の調和の根底にあるものなのだ。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

どれほど正直に心を割っても、口に出してはならないものごとはある。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

私たちはこうして生き残ったんだよ。私も君も。そして生き残った人間には、生き残った人間が果たさなくちゃならない責務がある。
それはね、できるだけこのまましっかりここに生き残り続けることだよ。たとえいろんなことが不完全にしかできないとしても。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
エリの名言

君は彼女を手に入れるべきだよ。どんな事情があろうと。私はそう思う。
もしここで彼女を離してしまったら、君はこの先もう誰も手に入れられないかもしれないよ。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
エリの名言

君はもっと自信と勇気を持つべきだよ。だって私が君のことを好きになったんだよ。いっときは君に自分を捧げてもいいと思った。君の求めることならなんだってしてあげようと思った。熱い血がたっぷり流れている一人の女の子が、真剣にそこまで思ったんだ。君にはそれだけの価値がある。ぜんぜん空っぽなんかじゃない。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
エリの名言

心を開くことがいつもいちばん良い結果をもたらす。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
エリの名言

正しい言葉はなぜかいつも遅れてあとからやってくる。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

自信と勇気を持ちなさい。君に必要なのはそれだけだよ。怯えたつまらないプライドのために、大事な人を失ったりしちゃいけない。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
エリの名言

人生は複雑な楽譜のようだ。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

君のことが本当に好きだし、心から君をほしいと思っている。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

君のことが心から好きだし、君をほしいと思っている。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

僕らはあのころ何かを強く信じていたし、何かを強く信じることのできる自分を持っていた。

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』
多崎つくるの名言

その他の名言