世界の終りとSEKAI NO OWARI

何年か前までGoogleで「世界の終り」と検索すると、村上春樹の長編小説『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』のことがたくさん引っかかった。
けれど、最近「世界の終り」関連の話題は、すっかりSEKAI NO OWARIに持って行かれたような気がする。
ま、どうでもいいんだけど。

SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)というバンド名は、バンドのメンバーの誰かが『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』の熱狂的ファンで、そこから名付けたんだろうと勝手に確信していたんだけど、調べてみるとそうじゃなかった。

色々上手くいかなくて、自分にとって世界が終わったような生活を送っていた頃に、残されていたのが音楽と今の仲間だったので、終わりから始めてみよう、という想いを込めて
(Wikipedia調べ)

という想いから、Fukaseがネーミングしたそうです。
ただ、ピアノのSaoriちゃんは村上春樹が好きなんだとか。

そんな「世界の終り(もしくはSEKAI NO OWARI)」との関連性は薄いと思うけど、村上春樹の長編小説『1Q84』の中にも「世界の終り」についての記載があるのをご存知ですか?

「あれは、じきに世界が終わるんじゃないかというような痛みだ。ほかにうまくたとえようがない。ただの痛みとは違う」、ある男は青豆に説明を求められたとき、熟考したあとでそう言った。
青豆はその類比についてひとしきり考えを巡らせた。世界の終り?
『1Q84』

「世界の終り」という言葉は、村上春樹にとって心惹きつけられるキーワードなのかもしれない。

「世界の終りとSEKAI NO OWARI」への6件のフィードバック

  1. SEKAI NO OWARIの新曲『炎と森のカーニバル』

    SEKAI NO OWARIの新曲『スノーマジックファンタジー』

  2. SEKAI NO OWARIのSaoriちゃんがおすすめする村上春樹『1Q84』。

    「村上春樹がすごい苦手だった人もきっと読めると思う、すっごく読みやすいし、夢中になると1週間ぐらいで読めちゃう感じ・・・」

  3. 「世界の終りとハードボイルドワンダーランドの“計算士”にゾッコンです。
    村上春樹さんファンで一緒にもりあがろう。」

    って、藤崎彩織先生に言われると、ちょっと照れちゃいますよね。
    藤崎先生のおすすめの本は『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』だそうです。
    http://www.tfm.co.jp/lock/sekaowa/

    世界の終りとハードボイルドワンダーランドの“計算士”にゾッコンです。村上春樹さんファンで一緒にもりあがろう。藤崎彩織

  4. SEKAI NO OWARIのSaoriちゃんが時々、村上春樹について語っている。
    彼女の話(村上作品に対して好意的な話)を聞いていると、「Saoriちゃんと飲みながら村上春樹について会話したら楽しそうだなぁ」と思わなくもない。
    でも、お酒を飲むスタイルは全然違う。
    彼女はウイスキーを毎日飲むけれど、僕は普段は全く飲まない。ただ、数ヶ月に一度、5〜6時間ひたすらビールを飲みまくる。
    http://ameblo.jp/sekaowa/

  5. SEKAI NO OWARIの『虹色の戦争』と『ファンタジー』と『不死鳥』と『Fight Music』と『スターライトパレード』と『RPG』を好んでよく聴いています。





コメントは停止中です。