『ノルウェイの森』の赤と緑

『ノルウェイの森』の赤と緑

村上春樹のベストセラー小説『ノルウェイの森』。
この『ノルウェイの森』の装丁に使われている赤と緑にはいくつかの説がある。
と言っても、3つしかないんだけど。

1つ目はクリスマスカラー。
『ノルウェイの森』の出版された時期がクリスマスの少し前だったので、クリスマスでよく見かける赤と緑の色に合わせた、という説。
その当時、恋愛小説ブームというブームがあって、本の帯には「100%の恋愛小説」といコピーを載せたりして、つまりマーケティング的観点からこういう装丁になったというもの。

でも、これについては村上春樹本人が『そうだ、村上さんに聞いてみよう・・・』の中で否定している。加えて、恋愛小説ブーブの時間的流れについても説明している。
それは、

  1. 「100%の恋愛小説」というコピーを載せて『ノルウェイの森』が発売
  2. 『ノルウェイの森』が大ヒット!
  3. 恋愛小説ブーム到来

2つ目は『ノルウェイの森』という物語を赤と緑によって表現している、という説。

  • 赤:主人公が真っ赤に燃え尽きたことを示している。
  • 緑:緑に出会い主人公が立ち直ることを意味している。

これについて村上春樹は肯定も否定もしていないけれど、僕は何か違うような気がする。
主人公のワタナベ君が燃え尽きた(それも真っ赤に燃え尽きた)とは思えないし、燃え尽きていないとなると緑に出会って立ち直るという考えも成立しない訳だし。

この2つの説については、『そうだ、村上さんに聞いてみよう・・・』の「大疑問65」に詳しく載っているので、もし気になったら読んでみてください。
で、3つ目の説。
それは、

  • 赤:キズキが死に場所に選んだ赤いN360
  • 緑:キズキが死ぬ直前に遊んだビリヤード台の緑

この説は僕の知る限りではどこにも載っていない。というのは、『ノルウェイの森』と短編『螢』を読んでいて僕がこう思っただけなので。
そう言われると、『ノルウェイの森』の赤と緑がN360とビリヤード台に見えてきたりしませんか?

エッセイ『村上朝日堂はいかにして鍛えられたか』の中で、高校時代に亡くなった友人について村上春樹が少し触れている。僕はこの友人が『ノルウェイの森』のキズキのモデルであるような気がしないでもない。
そして、その友人の死にまつわる何かが、『ノルウェイの森』の赤と緑に深く結びついているような感じがしている。

ある女の子にとって『ノルウェイの森』の赤と緑は「表紙シャレオツー!今から勉強がんばるるー」という気分になれるらしい。

そういえば『羊をめぐる冒険』でも、赤と緑って描かれていますよね。