『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ

村上春樹のデビュー作『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ。 『風の歌を聴け』のあらすじ 相棒と大量のビールを飲み干し、女の子と出会い、ラジオのディスクジョッキーと会話を交わし、ジュークボックスにかかるレコードを聴きながら故 … 続きを読む 『風の歌を聴け』のあらすじとまとめ

中島らも『啓蒙かまぼこ新聞』のための村上春樹「中島らもとニュー・ウェストの抬頭」

女優、杏のエッセイ『杏のふむふむ』の文庫版の解説を村上春樹が書いている。 ついこの間、そんなニュースがネット上に流れた。 確かに、村上春樹ってその手のことはあまりやらないですもんね。 杏と村上春樹のどこにそんな接点がある … 続きを読む 中島らも『啓蒙かまぼこ新聞』のための村上春樹「中島らもとニュー・ウェストの抬頭」

『国境の南、太陽の西』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

この映画を見ておくと『国境の南、太陽の西』をもっと楽しんで読めるかもしれない数本の映画について。 ジェームズ・アルガー監督 『砂漠は生きている』 アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を獲得した、ウォルト・ディズニー製作 … 続きを読む 『国境の南、太陽の西』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の名言や心に響く言葉

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に埋まっている名言や名台詞、心に響く言葉、心に残る言葉。 記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても、それがもたらした歴史を消すことはできない。 『 … 続きを読む 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の名言や心に響く言葉

『ねじまき鳥クロニクル』の名言や名台詞

村上春樹の代表作の長編小説『ねじまき鳥クロニクル』に収められた名言や名台詞。 流れというのが出てくるのを待つのは辛いもんだ。しかし待たねばならんときには、待たねばならん。そのあいだは死んだつもりでおればいいんだ。 『ねじ … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』の名言や名台詞

『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

村上春樹が初めて書いた小説『風の歌を聴け』に収められた名言や心に響く名台詞。 完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。 『風の歌を聴け』 「僕」の名言 あらゆるものから何かを学び取ろうと … 続きを読む 『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』で紹介されていた映画

村上春樹のエッセイ『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』で紹介されていた映画。 ジャック・スマイト監督 『旅まわりの死刑執行人(The Travelling Executioner)』 ポール・ニューマン主演の映画『動く … 続きを読む 『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』で紹介されていた映画

『アフターダーク』に流れていたジャズといくつかの音楽

トロンボーン奏者が主人公の物語『アフターダーク』に流れていたジャズといくつかの音楽。 カーティス・フラー 『ファイブスポット・アフターダーク』 『アフターダーク』の主人公、高橋が中学生の頃に買ったアメリカ人トロンボーン奏 … 続きを読む 『アフターダーク』に流れていたジャズといくつかの音楽

『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』で紹介されていた映画

女性誌『アンアン』に連載されていた村上春樹のエッセイを一冊の本にまとめた『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』で紹介されていた何本かの映画のこと。 ロジャー・ドナルドソン監督 『世界最速のインディアン』 時速 … 続きを読む 『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』で紹介されていた映画

『走ることについて語るときに僕の語ること』を読む時に知っておくとよさそうな有名人

誰この人? 『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んでいて、そう思ったことはありませんか? 僕はあります。なので『走ることについて語るときに僕の語ること』を読む時に知っておくとよさそうな有名人をまとめてみました。 … 続きを読む 『走ることについて語るときに僕の語ること』を読む時に知っておくとよさそうな有名人