村上春樹の音楽ワールド

『ノルウェイの森』に流れていた音楽

ビートルズ、サイモン&ガーファンクル、ローリング・ストーンズ、クリーム・・・・・
村上春樹のベストセラー小説『ノルウェイの森』に流れていた音楽。

ビートルズ『ノルウェイの森』

物語の冒頭、主人公のワタナベトオル君が乗った飛行機がハンブルク空港に到着した時、天井のスピーカーから小さな音で流れてはじめた音楽。
http://www.thebeatles.com/

ビートルズ『ミシェル』

直子に弾いてほしいと頼まれ、哀れな音楽奴隷のようなレイコさんがギターを奏でたビートルズの音楽。
「まるで広い草原に雨がやさしく降っているような曲」

ビートルズ『ノーホエア・マン(ひとりぼっちのあいつ)』

レイコさんが『ミシェル』に続けてギターで弾いた音楽。

ビートルズ『ジュリア』

『ノーホエア・マン』に続けて弾いた音楽。

ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ『スピニング・ホイール』

ワタナベ君と直子とレイコさんが訪れた牧場で、ラジオのFM放送から流れてきた音楽。

クリーム『ホワイト・ルーム』

牧場にあるラジオのFM放送から流れてきた音楽。
村上作品にはしばしばクリーム(ないしはエリック・クラプトン)の音楽が出てくる。『ノルウェイの森』で流れたのは、そんなクリームの代表曲のうちの一曲。
http://www.ericclapton.com/

サイモン&ガーファンクル『スカボロー・フェア』

レイコさんが知らない俳優ダスティン・ホフマンが主演した映画『卒業』にも流れていたサイモン&ガーファンクルの音楽。
http://www.simonandgarfunkel.com/

ビートルズ『ヒア・カムズ・ザ・サン』

アイス・ミルクをおごる代わりに弾いてくれと牧場の女の子に言われ、レイコさんがギターを弾きながら唄った音楽。

ローリング・ストーンズ『ジャンピン・ジャック・フラッシュ』

ワタナベ君がアルバイトをしている新宿のレコード屋(となりに大人のおもちゃ屋がある)に訪れた女の子がリクエストした音楽。
http://www.rollingstones.com/

セロニアス・モンク『ハニサックル・ローズ』

「モンクの音楽は、いつも大きな謎だった。」
新刊『セロニアス・モンクのいた風景』には、そんなキャッチコピーが添えられている「演奏も振る舞いも超独特(ユニーク)なピアニスト」セロニアス・モンクの音楽。

ドリフターズ『アップ・オン・ザ・ルーフ』

『ノルウェイの森』ではドリフターズが唄うこの曲。短編『日々移動する腎臓のかたちをした石』では違うミュージシャンが唄っています。

村上春樹の長編小説に流れていた音楽