『ねじまき鳥クロニクル』に流れていた音楽

『ねじまき鳥クロニクル』に流れていた音楽。

クラウディオ・アバド指揮
ジョアキーノ・ロッシーニ
『泥棒かささぎ』

「1984年の世田谷の路地裏から1938年の満州蒙古国境、駅前のクリーニング店から意識の井戸の底まで、ねじのありかを求める探索の年代記」的物語『ねじまき鳥クロニクル』の幕開けを飾る記念すべき音楽。

ビートルズ
『エイト・デイズ・ア・ウィーク』

クミコが家に帰ってこなかった翌日、クリーニング屋の後に岡田亨が寄った近所の喫茶店で、壁の上のスピーカーから流れてきた音楽。

バート・バカラック作曲
ディオンヌ・ワーウィック
『サンホセへの道』

イージーリスニング・ミュージックのマニアである店主が営む駅前にあるクリーニング店に流れていた音楽。

村上春樹の長編小説に流れていた音楽