ニューヨークのジャズ・クラブでセロニアス・モンクにハイライトをねだられた安西水丸さん

随分と昔、ニューヨークのジャズ・クラブでピアニストのセロニアス・モンクに安西水丸さんはハイライトを一本ねだられたことがある。

そんなエピソードを、『’THE SCRAP’ 懐かしの一九八〇年代』という古いエッセイをパラパラとめくっていて見つけた。
そういえば、この話って1回だけ復活した「村上朝日堂」にも載っていましたよね、たしか。

村上春樹の新刊『セロニアス・モンクのいた風景』。
この本の装丁は、まさにその場面を描いた感じに仕上がっていますね。
絵は、安西水丸さんに代わって和田誠さんが代役を務めています。

『セロニアス・モンクのいた風景』

『’THE SCRAP’』には別のエピソードも載っていて、それによると、村上龍さんはニューヨークのジャズ・クラブでサックス奏者のスタン・ゲッツの煙草に火をつけてあげたことがあるんだとか。