『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』のジェイとジェイズ・バー

『風の歌を聴け』
『1973年のピンボール』
の登場人物ジェイと、ジェイがオーナーをつとめるジェイズ・バーについて。

ジェイ

  • 中国人。ただ、中国には一度も行ったことがない。
  • 「僕」よりずっと上手い日本語を話す。年齢は「僕」より20歳年上。
  • 東京オリンピックの年以来、一度も街を出たことがない。
  • 毎日、バケツ一杯の芋をむく。
  • ビールを1ケース飲んでも顔さえ洗えば運転できると信じている。

ジェイズ・バー

  • 入口の扉が重い。
  • カウンターには煙草の脂で変色した一枚の版画がかかっている。
  • 店内は煙草とウィスキーとフライド・ポテトと腋の下と下水の匂いが、バウムクーヘンのようにきちんと重なりあって淀んでいる。
  • 洗面所は大抵排水溝がつまって水がたまっている。
  • 道路拡張の際に改築され、小綺麗な店に様変わりする。

参考図書

『風の歌を聴け』