『アイロンのある風景』の名言や心に響く言葉

『アイロンのある風景』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『アイロンのある風景』に収められた名言。

パール・ジャムは消えても、焚き火は残る。

『アイロンのある風景』
順子の名言

問題は5万年前のことも、5万年後のことも、俺にはぜんぜん関係ないってことだよ。ぜんぜん。大事なのは、今だ。世界なんていつ終わるかわからんものな。そんな先のことが考えられるか。大事なのは、今の今しっかりメシが食えて、しっかりちんぽが立つことだ。そうだろ?

『アイロンのある風景』
啓介の名言

火ゆうのはな、かたちが自由なんや。自由やから、見ているほうの心次第で何にでも見える。順ちゃんが火を見ててひっそりとした気持ちになるとしたら、それは自分の中にあるひっそりとした気持ちがそこに映るからなんや。

『アイロンのある風景』
三宅さんの名言

予感というのはな、ある場合には一種の身代わりなんや。ある場合には、その差し替えは現実をはるかに超えて生々しいものなんや。それが予感という行為のいちばん怖いところなんや。

『アイロンのある風景』
三宅さんの名言

自分がどんな死に方をするかなんて、考えたこともないよ。そんなこととても考えられないよ。だってどんな生き方をするかもまだぜんぜんわかってないのにさ。

『アイロンのある風景』
順子の名言

死に方から導かれる生き方というものもある。

『アイロンのある風景』
三宅さんの名言

ぐっすり寝て起きたら、だいたいはなおる。

『アイロンのある風景』
三宅さんの名言