聖羊祭日

聖羊祭日について。

日にち

12月24日。
聖羊上人が夜中に道を歩いておられて、穴に落ちて亡くなられたという神聖な日。

12月24日のクリスマス・イブに穴の開いた食物を食べてはいけない。
例:マカロニ、ちくわ、ドーナツ、イカ・リング、たまねぎの輪、他。
掟を破ると呪いがかかってしまう。
「知っておろうが知らなかろうが、掟を破れば呪いがかかる。呪いがかかれば、羊男はもう羊男ではなくなってしまうんだ。君が羊男音楽を作曲できん理由はそこにあるのだ。うん」(羊博士の発言より)

呪いをとく方法

  • 穴に落ちること。聖羊上人は直径二メートル、深さ二百三メートルの穴に落ちて亡くなられたので、それと同じ穴に落ちればよい。呪いをときたいと思うものは穴の深さを百分の一に省略してもかまわない。
  • 穴はトネリコの柄のシャベルで掘らなくてはならない。聖羊上人がトネリコの杖をついておられたから。
  • 穴に落ちるのはクリスマス・イブの午前一時十六分でなくてはならない。聖羊上人がその時刻に穴に落ちたから。
  • 穴に落ちるときは穴の開いていない食物をお弁当として持っていかなくてはならない。

参考図書

  • 『羊男のクリスマス』
  • 『羊男の歴史』
  • 『聖羊上人伝』