村上春樹の書斎デスクとたくさんのレコード

村上春樹の書斎も覗けるharukimurakami.com

世界中で翻訳されている村上春樹の本。
『象の消滅 短篇選集1980-1991』の前書きには、村上春樹がアメリカの出版社と契約を交わした経緯が書かれています。アメリカの場合はランダムハウス傘下のクノップフという出版社が本の管理を請け負っているんだとか。

そのクノップフ社によるアメリカ版村上春樹公式サイトharukimurakami.comが、少し前にリニューアルされたのをご存知ですか?
以前のFlashを使ったサイトは時代に取り残され遺物のような印象があったけれど、新しいサイトはHTML5対応のカッコいいデザインに生まれ変わっています。もちろんスマホでの閲覧も問題なし。

見た目だけでなくコンテンツも充実しているんだけど、何といっても一押しは村上春樹の書斎が覗けること。
小説の執筆に使われるであろうデスク上のiMac、小説のヒントになったいくつかの小物、村上春樹がコレクションしたたくさんのレコード、グレン・グールドのポスターや『ポートレイト・イン・ジャズ』の挿絵に使われた和田誠さんのイラストなどなど。
ある意味において世界はこの空間で作られている、と言っていいのかもしれない。

まぁ、そんな風に大袈裟に捉えなくても「この部屋で村上春樹の小説が生まれているんだ!」と思うだけで、なんだか嬉しい気持ちになりませんか?

そういえば、2014年の夏、イギリス版村上春樹公式サイトmurakamibooks.co.ukもリリースされていましたね。