ドーナツのレシピには載っていない、ドーナツの穴のこと

ドーナツのレシピには載っていない、ドーナツの穴のこと

ドーナツの穴を空白として捉えるか
あるいは存在として捉えるか

そう言ったのは『羊をめぐる冒険』の主人公です。
ご存知ない方に説明しておくと、『羊をめぐる冒険』というのは小説家の村上春樹がずいぶん昔に書いた小説になります。

このドーナツ発言を初めて聞いた時、僕はとてもびっくりしました。
なぜって、これまでドーナツの穴を空白としてしか捉えていなかったから。
ドーナツの穴が存在しているなんて、これっぽっちも考えなかった。
補足をしておくと、正確には「彼」はこう言っていました。

「ドーナツの穴を空白として捉えるか、あるいは存在として捉えるかはあくまで形而上的な問題であって、それでドーナツの味が少しなりとも変わるわけではないのだ。」

ドーナツのレシピ本って何冊も出版されているし、ネットにもレシピが溢れている。
でも、レシピにはドーナツの作り方は書いてあっても、ドーナツの穴のことは書かれていないんですよね。

「とろこで、ドーナツの穴はいつ誰が発明したかご存じですか?
知らないでしょう。
僕は知っています。」

そう言って、京都生まれのドーナツ好きの村上春樹がエッセイ『村上ラヂオ』にドーナツの穴の誕生秘話を書いています。
だから、僕もドーナツの穴の誕生の経緯を知っています。
本当は『村上ラヂオ』の「ドーナッツ」という項を読んでもらうのがいいと思うんだけど、意地悪だと思われたくないので少し書いておきます。

ドーナツの穴が人類の歴史に初めて登場したのは1847年、アメリカでの話。
小さな町のパン屋さんで働いていた少年が揚げパンを揚げていた時のこと。揚げパンになかなか火が通らなくって、そこで少年はパンに穴を開ければいいと気づいたんだとか。
それが、ごく簡単にいうとドーナツの穴、誕生の瞬間なんだそうです。

以上で、ドーナツの穴の話はお終いです。
ドーナツのレシピと一緒に知っておくのもいいかもしれないですね。