『かえるくん、東京を救う』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『かえるくん、東京を救う』に収められた名言。 理解とは誤解の総体に過ぎない。 『かえるくん、東京を救う』 かえるくんの名言 世界とは大きな外套のようなものであり、そこには様々なかたちのポケットが必要とさ … 続きを読む 『かえるくん、東京を救う』の名言や心に響く言葉

『アイロンのある風景』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『アイロンのある風景』に収められた名言。 パール・ジャムは消えても、焚き火は残る。 『アイロンのある風景』 順子の名言 問題は5万年前のことも、5万年後のことも、俺にはぜんぜん関係ないってことだよ。ぜん … 続きを読む 『アイロンのある風景』の名言や心に響く言葉

『蜂蜜パイ』の名言や心に残る言葉

村上春樹の短編小説『蜂蜜パイ』に収められた名言。 こいつはいつかは起こったことなんだよ。それは理解してくれ。今起こらなくても、いつかはどこかで起こったはずだ。 『蜂蜜パイ』 高槻の名言 何かをわかっているということと、そ … 続きを読む 『蜂蜜パイ』の名言や心に残る言葉

『沈黙』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『沈黙』に収められた名言。 人は勝つこともあるし、負けることもあります。でもその深みを理解できていれば、人はたとえ負けたとしても、傷つきはしません。人はあらゆるものに勝つわけにはいかないんです。人はいつ … 続きを読む 『沈黙』の名言や心に響く言葉

『東京奇譚集』から9年、村上春樹の新刊『女のいない男たち』

短編集『東京奇譚集』から9年。 長編『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』から1年。 村上春樹の新刊『女のいない男たち』が発売! 内容は、昨年の秋以降に文藝春秋に掲載された4編と、柴田元幸さんが責任編集を務める文芸 … 続きを読む 『東京奇譚集』から9年、村上春樹の新刊『女のいない男たち』

イラストレーターの安西水丸さん逝く

村上春樹との名コンビで知られるイラストレーターの安西水丸さんが亡くなった。 3、4年もしたら、また村上春樹と安西水丸さんのゆる〜い本が出るだろうと気楽に考えていたけれど、ふたりの新しい本がもう読めないと思うととても寂しい … 続きを読む イラストレーターの安西水丸さん逝く

北海道の中頓別町と村上春樹『ドライブ・マイ・カー』のたばこポイ捨て、『ノルウェイの森』小林緑の姉が思うウルグアイという国

ハ「魚臭いけどいいか」 ナ「魚はナカタの好物であります」 ハ「あんなちょっと変わってるな」 ナ「はい。ときどきそう言われることがあります」 ハ「俺は変わった人間って、好きだよ」  「こんな世の中で普通の顔をして、まともに … 続きを読む 北海道の中頓別町と村上春樹『ドライブ・マイ・カー』のたばこポイ捨て、『ノルウェイの森』小林緑の姉が思うウルグアイという国

村上春樹のカタルーニャ国際賞受賞スピーチ全文と映像

この前、僕がバルセロナを訪れたのは2年前の春のことでした。 サイン会を開いた時、たくさんの人が集まってくれて、一時間半かけてもサインしきれないほどでした。どうしてそんなに時間がかかったかというと、たくさんの女性読者が僕に … 続きを読む 村上春樹のカタルーニャ国際賞受賞スピーチ全文と映像

『中国行きのスロウ・ボート』と『中国行きのスロウ・ボート』

『中国行きのスロウ・ボート』は『1973年のピンボール』の後に書かれた、村上春樹にとって初めての短篇。 港町の小学校で出会う中国人教師 上京した東京で出会う中国人の女子大生 青山通りの喫茶店で出会う中国人の同級生 主人公 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』と『中国行きのスロウ・ボート』