村上春樹の新刊(新作)なら村上春樹新聞amazon書店をどうぞ

長編小説、短編集、エッセイ、旅行記、翻訳など、村上春樹の初期作品から新刊(新作)まで揃っています。 😀 村上春樹の長編をAmazonで購入される場合はこちらをどうぞ 風の歌を聴け 文庫本 風の歌を聴け 単行本 風の歌を聴 … 続きを読む 村上春樹の新刊(新作)なら村上春樹新聞amazon書店をどうぞ

村上春樹のニュースソースとリンク集

村上春樹の本は世界中で読まれているので、何か(例えば新刊が出版とか)あれば、おのずと新聞やニュースで報道されます。 そんなニュースの全てを網羅することはできないけれど、気づいた限りで、村上春樹のニュースソースやリンクを集 … 続きを読む 村上春樹のニュースソースとリンク集

レクサス、ベンツ、BMWなど、たくさんの自動車と村上春樹

「車の免許なんて取らない」 そう言っていた小説家の村上春樹。 でも、気づけば冬でもオープンカーに乗る人になっていた。 そんな村上春樹が書いたはじめての小説『風の歌を聴け』から新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年 … 続きを読む レクサス、ベンツ、BMWなど、たくさんの自動車と村上春樹

スペイン語版『女のいない男たち』の装丁

スペイン語版『女のいない男たち』の装丁 Hombres sin mujeres Haruki Murakami 村上作品のスペイン語版の装丁 スペイン語版『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 スペイン語版『ダン … 続きを読む スペイン語版『女のいない男たち』の装丁

カット・メンシック&村上春樹コラボレーション第3弾『図書館奇譚』

イラストレーターのカット・メンシックさんと村上春樹のコラボレーション短編作品『ねむり(Schlaf)』と『パン屋を襲う(Die Bäckereiüberfälle)』。 ドイツでは一足先に刊行されていた、その第3弾となる … 続きを読む カット・メンシック&村上春樹コラボレーション第3弾『図書館奇譚』

『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

村上春樹にとって最初の短編小説『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ。 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじ 「顔を上げて胸をはりなさい、そして誇りを持ちなさい」と言った、最初の中国人。 「そもそもここは私の居 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

短編『中国行きのスロウ・ボート』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

『1973年のピンボール』の後に出版された、村上春樹にとって初めての短編集『中国行きのスロウ・ボート』。 その本のタイトルに採用された、村上春樹にとって初めての短編『中国行きのスロウ・ボート』。 これは、三人の中国人と出 … 続きを読む 短編『中国行きのスロウ・ボート』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

『中国行きのスロウ・ボート』の主人公「僕」

『中国行きのスロウ・ボート』の主人公「僕」について。 経歴 1959年(または1960年) 少しばかり暖かすぎる秋の日曜日、港街の山の手にある中国人子弟のための小学校(中国人小学校)で模擬テストを受けた日、最初の中国人に … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』の主人公「僕」

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『ダンス・ダンス・ダンス』の主人公の「僕」

『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 『羊をめぐる冒険』 『ダンス・ダンス・ダンス』 『双子と沈んだ大陸』(短編) の主人公「僕」について。 経歴 1948年12月24日 誕生! 1963年 【春】堰を切ったよう … 続きを読む 『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『ダンス・ダンス・ダンス』の主人公の「僕」

『神の子どもたちはみな踊る』の名言や心に響く言葉

村上春樹の短編小説『神の子どもたちはみな踊る』に収められた名言。 神が人を試せるのなら、どうして人が神を試してはいけないのだろう? 『神の子どもたちはみな踊る』 善也の名言 ひとつの顕現があり、秘蹟があったのだ。誉むべき … 続きを読む 『神の子どもたちはみな踊る』の名言や心に響く言葉