ヤナーチェック『シンフォニエッタ』

1984年が舞台の長大な物語『1Q84』。 『1Q84』にしばしば流れてくる音楽、ヤナーチェックの『シンフォニエッタ』。 【シーン1】 タクシーのラジオは、FM放送のクラシック音楽番組を流していた。曲はヤナーチェックの『 … 続きを読む ヤナーチェック『シンフォニエッタ』

丸谷才一さんによる谷崎潤一郎賞の選評

何かの始まり – 丸谷才一 ・・・・・・村上春樹氏の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』は、優雅な抒情的世界を長篇小説といふ形でほぼ破綻なく構築してゐるのが手柄である。われわれの小説がリアリズムから … 続きを読む 丸谷才一さんによる谷崎潤一郎賞の選評

『シネマ食堂』と『かもめ食堂』の飯島奈美さんが作るセロリと牛肉の煮物

『シネマ食堂』の飯島奈美さん、もしくは『かもめ食堂』の飯島奈美さんが『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に出てきたセロリと牛肉の煮物をほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)で作っている。 和風のおだしで煮ているらしいけれ … 続きを読む 『シネマ食堂』と『かもめ食堂』の飯島奈美さんが作るセロリと牛肉の煮物

吉行淳之介さんによる群像新人文学賞の選評

一つの収穫 – 吉行淳之介 『風の歌を聴け』は、あえて点数で言ってみれば、六十点の作品か八十五点(九十点といってもいい)の作品か、どうもよく分らないので再読した。その結果、これは良い作品だとおもったし、あえて … 続きを読む 吉行淳之介さんによる群像新人文学賞の選評

大江健三郎さんによる谷崎潤一郎賞の選評

きちょうめんな冒険家 – 大江健三郎 ・・・・・・村上春樹氏の『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』について、やはり自分なら、ということを考えました。ここでふたつ描かれている世界を、僕ならば片方は現実 … 続きを読む 大江健三郎さんによる谷崎潤一郎賞の選評

『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が谷崎潤一郎賞にノミネートされた時、編集者が村上春樹に向かって言ったひと言

「でもさ、おまえさんが谷崎賞をとる見込みはまずないから、ぜんぜん忘れていいよ」 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が谷崎潤一郎賞にノミネートされた時、当時、村上春樹の担当をしていた中央公論社の編集者が村上春樹 … 続きを読む 『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』が谷崎潤一郎賞にノミネートされた時、編集者が村上春樹に向かって言ったひと言

他人と違う何かを語りたかったら、他人と違う言葉で語りなさい

他人と違う何かを語りたかったら、 他人と違う言葉で語りなさい スコット・フィッツジェラルドはある手紙の中でこう書いたらしい。 村上春樹は時折、この言葉を思い出しながら、初めての小説『風の歌を聴け』を書いた。

村上春樹「やれやれ」調査団

村上春樹のキーワード「やれやれ」って、いったい幾つあるんだろう? そう思ったことはありませんか? この疑問を解決すべく、村上春樹「やれやれ」調査団は発足しました。 調査は現在進行形で進められています。 なので、内容は随時 … 続きを読む 村上春樹「やれやれ」調査団