『風の歌を聴け』に描かれる「嘘つき」のくだりについての考察

『風の歌を聴け』に描かれる「嘘つき」のくだり。 具体的には「僕」とガールフレンドの間で交わされるこんなやりとり。 「ねえ、私を愛してる?」 「もちろん。」 「結婚したい?」 「今、すぐに?」 「いつか・・・・・・もっと先 … 続きを読む 『風の歌を聴け』に描かれる「嘘つき」のくだりについての考察

『1973年のピンボール』に流れていた音楽

『1973年のピンボール』に流れていたいくつかの音楽。 リッキー・ネルソン 『ハロー・メリー・ルー』 「おそろしく退屈な街よ」 そんな土地へ、『1973年のピンボール』の直子がやってきた年に唄われていた音楽。 ボビー・ヴ … 続きを読む 『1973年のピンボール』に流れていた音楽

『風の歌を聴け』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

1970年8月8日〜8月26日 この期間が『風の歌を聴け』という物語の大半を占める。 計算してみると、今から44年も前に起こった出来事ということになる。 1970年とはいったいどんな年だったんだろう? 映画『イージー・ラ … 続きを読む 『風の歌を聴け』の感想文ないしはレビュー、もしくは書評のようなもの

『風の歌を聴け』に出てきた映画

『風の歌を聴け』に出てきた何本かの映画。 デヴィッド・リーン監督 『戦場にかける橋』 「僕」とガールフレンドが布団にくるまってサンドウィッチを齧りながらテレビで見ていた映画。 映画の中で、兵隊が行進中に流れる印象的な音楽 … 続きを読む 『風の歌を聴け』に出てきた映画

レストランやカフェ、喫茶店などを開業するためのアドバイスみたいなこと

「レストランを開くためのアドバイスを」 小さなレストラン(ビストロ)を開業したいと思っている、とある若い夫婦。 その夫婦の奥さんの方が上記の問いかけをしたところ、ひとりの売れっ子の小説家がいくつかのアドバイスをしていまし … 続きを読む レストランやカフェ、喫茶店などを開業するためのアドバイスみたいなこと

『風の歌を聴け』に出てきた本

村上春樹の本『風の歌を聴け』に出てきた本。 フローベール 『感情教育』 ジェイズ・バーで酢漬けの鯵と野菜サラダを食べ、ビールを飲みながら『風の歌を聴け』の主人公の「僕」が読んでいた本。 テネシー・ウィリアムズ 『熱いトタ … 続きを読む 『風の歌を聴け』に出てきた本

村上春樹の聴いたビートルズはリアルタイム、斉藤和義の見たビートルズはTVの中

♪ A man went looking for America.   And couldn’t find it anywhere,,,   僕の大好きな映画のポスターに書いてある   1969年のピーター・ … 続きを読む 村上春樹の聴いたビートルズはリアルタイム、斉藤和義の見たビートルズはTVの中

『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』のジェイとジェイズ・バー

『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 の登場人物ジェイと、ジェイがオーナーをつとめるジェイズ・バーについて。 ジェイ 中国人。ただ、中国には一度も行ったことがない。 「僕」よりずっと上手い日本語を話す。年齢は「僕 … 続きを読む 『風の歌を聴け』と『1973年のピンボール』のジェイとジェイズ・バー

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の鼠

『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 『羊をめぐる冒険』 の重要人物、鼠について。 経歴 1947年9月 誕生! 1967年 【春】「僕」と出会う。 1969年 【夏】「不治の病に冒されていると信じこんでいる有名 … 続きを読む 『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』の鼠

『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『ダンス・ダンス・ダンス』の主人公の「僕」

『風の歌を聴け』 『1973年のピンボール』 『羊をめぐる冒険』 『ダンス・ダンス・ダンス』 『双子と沈んだ大陸』(短編) の主人公「僕」について。 経歴 1948年12月24日 誕生! 1963年 【春】堰を切ったよう … 続きを読む 『風の歌を聴け』『1973年のピンボール』『羊をめぐる冒険』『ダンス・ダンス・ダンス』の主人公の「僕」