『国境の南、太陽の西』は誰に向けて書かれた小説なのか?

『国境の南、太陽の西』の主人公の人物像について説明すると、以下の点を挙げることができる。 熱意を持って仕事をしている。 かなり高い収入を得ている。 青山に4LDKのマンションを持っている。 箱根の山の中に小さな別荘を持っ … 続きを読む 『国境の南、太陽の西』は誰に向けて書かれた小説なのか?

『アフターダーク』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

誰この人? 深夜の渋谷を舞台にした、ジャズの香りが漂う物語『アフターダーク』を読んでいてそう思ったことはありませんか? 僕はあります。なので、『アフターダーク』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人をまとめてみまし … 続きを読む 『アフターダーク』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

『スプートニクの恋人』のラストシーン、結末のこと

取扱注意 ここに書かれている文章は『スプートニクの恋人』のラストシーン、結末について語られています。なので、『スプートニクの恋人』をまだ読んでいない人はご注意ください。 という前置きをしたし、タイトルにも同様のことが書か … 続きを読む 『スプートニクの恋人』のラストシーン、結末のこと

『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

村上春樹にとって最初の短編小説『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ。 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじ 「顔を上げて胸をはりなさい、そして誇りを持ちなさい」と言った、最初の中国人。 「そもそもここは私の居 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

『ねじまき鳥クロニクル』に流れていた音楽

『ねじまき鳥クロニクル』に流れていた音楽。 クラウディオ・アバド指揮 ジョアキーノ・ロッシーニ 『泥棒かささぎ』 「1984年の世田谷の路地裏から1938年の満州蒙古国境、駅前のクリーニング店から意識の井戸の底まで、ねじ … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』に流れていた音楽

『ダンス・ダンス・ダンス』に出てきた本

村上春樹の本『ダンス・ダンス・ダンス』に出てきた本。 ジョナサン・スウィフト 『ガリバー旅行記』 『ダンス・ダンス・ダンス』の「僕」が訪れた北海道の空は今にも雪が降りそうで、その空に浮かんだ雲はぴくりとも動かず、『ガリバ … 続きを読む 『ダンス・ダンス・ダンス』に出てきた本

ジョン・F・ケネディ「人間は生まれつき不公平に作られている」

80年代に出版されたエッセイ『村上朝日堂の逆襲』に「交通ストについて」という話がある。それによると、村上春樹は交通のストライキ、例えば線路を電車が一本も走っていない、みたいな状況が好きなんだとか。 理由は、「いつもと違っ … 続きを読む ジョン・F・ケネディ「人間は生まれつき不公平に作られている」

夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介などなど、村上春樹が選ぶ「国民的作家」10人

村上春樹の『ノルウェイの森』や『ねじまき鳥クロニクル』の英訳で知られるジェイ・ルービンさん。 そのジェイ・ルービンさんが編集した『芥川龍之介短篇集』の序文(村上春樹が書いている)によると、芥川龍之介は日本における「国民的 … 続きを読む 夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介などなど、村上春樹が選ぶ「国民的作家」10人

ボブ・ディランがたくさんの唄を唄う物語『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に流れていた音楽

『ライク・ア・ローリング・ストーン』 『風に吹かれて』 『ウォッチング・ザ・リヴァー・フロー』 『激しい雨』 『ポジティヴ・フォース・ストリート』 『メンフィス・ブルーズ・アゲイン』 ボブ・ディランがたくさんの唄を唄う物 … 続きを読む ボブ・ディランがたくさんの唄を唄う物語『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』に流れていた音楽

『羊をめぐる冒険』に流れていた音楽

『羊をめぐる冒険』に流れていた音楽。 ジョニー・リヴァース 『ミッドナイト・スペシャル』 背中に星のマークをつけた一頭の羊を探すことになった「僕」が、魔力的なほどに完璧な形をした一組の耳を持つ二十一歳の彼女と一緒にカセッ … 続きを読む 『羊をめぐる冒険』に流れていた音楽