『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の名言や心に響く言葉

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に埋まっている名言や名台詞、心に響く言葉、心に残る言葉。 記憶をどこかにうまく隠せたとしても、深いところにしっかり沈めたとしても、それがもたらした歴史を消すことはできない。 『 … 続きを読む 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の名言や心に響く言葉

『ねじまき鳥クロニクル』の名言や名台詞

村上春樹の代表作の長編小説『ねじまき鳥クロニクル』に収められた名言や名台詞。 流れというのが出てくるのを待つのは辛いもんだ。しかし待たねばならんときには、待たねばならん。そのあいだは死んだつもりでおればいいんだ。 『ねじ … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』の名言や名台詞

『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

村上春樹が初めて書いた小説『風の歌を聴け』に収められた名言や心に響く名台詞。 完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。 『風の歌を聴け』 「僕」の名言 あらゆるものから何かを学び取ろうと … 続きを読む 『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

『アフターダーク』に流れていたジャズといくつかの音楽

トロンボーン奏者が主人公の物語『アフターダーク』に流れていたジャズといくつかの音楽。 カーティス・フラー 『ファイブスポット・アフターダーク』 『アフターダーク』の主人公、高橋が中学生の頃に買ったアメリカ人トロンボーン奏 … 続きを読む 『アフターダーク』に流れていたジャズといくつかの音楽

『1Q84』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

この映画を見ておくと『1Q84』をもっと楽しんで読めるかもしれない、『1Q84』に出てきた何本かの映画について。 スタンリー・キューブリック監督 『突撃』 マイケル・ダグラスのお父さんであるカーク・ダグラス主演した戦争映 … 続きを読む 『1Q84』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に流れていた音楽

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に流れていたフランツ・リスト『巡礼の年』といくつかの音楽。 フランツ・リスト 『ル・マル・デュ・ペイ』 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の物語に印象的に流れる音楽。 … 続きを読む 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』に流れていた音楽

『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

この映画を見ておくと、『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない何本かの映画について。 ジャン=リュック・ゴダール監督 『アルファヴィル』 『アフターダーク』の登場人物のひとり浅井マリのいちばん好きな映画のひと … 続きを読む 『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

『ねじまき鳥クロニクル』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

誰この人? 『ねじまき鳥クロニクル』を読んでいてそう思ったことはありませんか? 僕はあります。なので、『ねじまき鳥クロニクル』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人をまとめてみました。 並び順は作品中の名前を基準に … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

『スプートニクの恋人』に流れていた音楽

『スプートニクの恋人』に流れていた音楽。 アストラッド・ジルベルト 『(Take Me to) Aruanda』 すみれと「ぼく」がなじみの喫茶店に入ってコーヒーを飲んでいた時に、天井のスピーカーから流れてきた音楽。 『 … 続きを読む 『スプートニクの恋人』に流れていた音楽

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がベストブックカバー2014に選出

世界中のいくつの国で村上春樹の本が翻訳されているかご存知ですか? と、もし質問されても、僕は詳しい数を知らないので答えられない。 50カ国は下るまいと踏んではいるけれど。 それが何カ国であったとしても、そこには翻訳されて … 続きを読む 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がベストブックカバー2014に選出