『ねじまき鳥クロニクル』の名言や名台詞

村上春樹の代表作の長編小説『ねじまき鳥クロニクル』に収められた名言や名台詞。 流れというのが出てくるのを待つのは辛いもんだ。しかし待たねばならんときには、待たねばならん。そのあいだは死んだつもりでおればいいんだ。 『ねじ … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』の名言や名台詞

『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

村上春樹が初めて書いた小説『風の歌を聴け』に収められた名言や心に響く名台詞。 完璧な文章などといったものは存在しない。 完璧な絶望が存在しないようにね。 『風の歌を聴け』 「僕」の名言 あらゆるものから何かを学び取ろうと … 続きを読む 『風の歌を聴け』の名言や心に響く名台詞

『1Q84』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

この映画を見ておくと『1Q84』をもっと楽しんで読めるかもしれない、『1Q84』に出てきた何本かの映画について。 スタンリー・キューブリック監督 『突撃』 マイケル・ダグラスのお父さんであるカーク・ダグラス主演した戦争映 … 続きを読む 『1Q84』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

この映画を見ておくと、『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない何本かの映画について。 ジャン=リュック・ゴダール監督 『アルファヴィル』 『アフターダーク』の登場人物のひとり浅井マリのいちばん好きな映画のひと … 続きを読む 『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

『ねじまき鳥クロニクル』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

誰この人? 『ねじまき鳥クロニクル』を読んでいてそう思ったことはありませんか? 僕はあります。なので、『ねじまき鳥クロニクル』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人をまとめてみました。 並び順は作品中の名前を基準に … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がベストブックカバー2014に選出

世界中のいくつの国で村上春樹の本が翻訳されているかご存知ですか? と、もし質問されても、僕は詳しい数を知らないので答えられない。 50カ国は下るまいと踏んではいるけれど。 それが何カ国であったとしても、そこには翻訳されて … 続きを読む 『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』がベストブックカバー2014に選出

『国境の南、太陽の西』は誰に向けて書かれた小説なのか?

『国境の南、太陽の西』の主人公の人物像について説明すると、以下の点を挙げることができる。 熱意を持って仕事をしている。 かなり高い収入を得ている。 青山に4LDKのマンションを持っている。 箱根の山の中に小さな別荘を持っ … 続きを読む 『国境の南、太陽の西』は誰に向けて書かれた小説なのか?

『アフターダーク』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

誰この人? 深夜の渋谷を舞台にした、ジャズの香りが漂う物語『アフターダーク』を読んでいてそう思ったことはありませんか? 僕はあります。なので、『アフターダーク』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人をまとめてみまし … 続きを読む 『アフターダーク』を読む時に知っておくといいかもしれない有名人

『スプートニクの恋人』のラストシーン、結末のこと

取扱注意 ここに書かれている文章は『スプートニクの恋人』のラストシーン、結末について語られています。なので、『スプートニクの恋人』をまだ読んでいない人はご注意ください。 という前置きをしたし、タイトルにも同様のことが書か … 続きを読む 『スプートニクの恋人』のラストシーン、結末のこと

『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

村上春樹にとって最初の短編小説『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ。 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじ 「顔を上げて胸をはりなさい、そして誇りを持ちなさい」と言った、最初の中国人。 「そもそもここは私の居 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ