村上春樹の新刊(新作)なら村上春樹新聞amazon書店をどうぞ

長編小説、短編集、エッセイ、旅行記、翻訳など、村上春樹の初期作品から新刊(新作)まで揃っています。 😀 村上春樹の長編をAmazonで購入される場合はこちらをどうぞ 風の歌を聴け 文庫本 風の歌を聴け 単行本 風の歌を聴 … 続きを読む 村上春樹の新刊(新作)なら村上春樹新聞amazon書店をどうぞ

村上春樹のニュースソースとリンク集

村上春樹の本は世界中で読まれているので、何か(例えば新刊が出版とか)あれば、おのずと新聞やニュースで報道されます。 そんなニュースの全てを網羅することはできないけれど、気づいた限りで、村上春樹のニュースソースやリンクを集 … 続きを読む 村上春樹のニュースソースとリンク集

『走ることについて語るときに僕の語ること』の名言

小説家であり、ひとりのランナーでもある村上春樹が書いたエッセイ『走ることについて語るときに僕の語ること』に収められた名言や心に残る言葉。 真の紳士は、別れた女と、払った税金の話はしない。 『走ることについて語るときに僕の … 続きを読む 『走ることについて語るときに僕の語ること』の名言

スガシカオ『月とナイフ』と『黄金の月』

日本人については多くを語らない村上春樹。 その村上春樹がエッセイ『意味がなければスイングはない』の中で「スガシカオの柔らかなカオス」という章を割いて語った日本人ミュージシャン、スガシカオ。 http://www.suga … 続きを読む スガシカオ『月とナイフ』と『黄金の月』

『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』で紹介されていた映画

村上春樹のエッセイ『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』で紹介されていた映画。 ジャック・スマイト監督 『旅まわりの死刑執行人(The Travelling Executioner)』 ポール・ニューマン主演の映画『動く … 続きを読む 『サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3』で紹介されていた映画

『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』で紹介されていた映画

女性誌『アンアン』に連載されていた村上春樹のエッセイを一冊の本にまとめた『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』で紹介されていた何本かの映画のこと。 ロジャー・ドナルドソン監督 『世界最速のインディアン』 時速 … 続きを読む 『おおきなかぶ、むずかしいアボカド 村上ラヂオ2』で紹介されていた映画

『走ることについて語るときに僕の語ること』を読む時に知っておくとよさそうな有名人

誰この人? 『走ることについて語るときに僕の語ること』を読んでいて、そう思ったことはありませんか? 僕はあります。なので『走ることについて語るときに僕の語ること』を読む時に知っておくとよさそうな有名人をまとめてみました。 … 続きを読む 『走ることについて語るときに僕の語ること』を読む時に知っておくとよさそうな有名人

小澤征爾80歳記念キャンペーンに寄せられた、村上春樹からのメッセージ

村上春樹に関するニュースは、どこかで公式に発信された情報が新聞やネットメディアで取り上げられ、その後TwitterやFacebookを通じて瞬く間に拡散することもあれば、日本中の報道機関の誰にも見向きもされず黙殺されて終 … 続きを読む 小澤征爾80歳記念キャンペーンに寄せられた、村上春樹からのメッセージ

『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

村上春樹にとって最初の短編小説『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ。 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじ 「顔を上げて胸をはりなさい、そして誇りを持ちなさい」と言った、最初の中国人。 「そもそもここは私の居 … 続きを読む 『中国行きのスロウ・ボート』のあらすじとまとめ

ジョン・F・ケネディ「人間は生まれつき不公平に作られている」

80年代に出版されたエッセイ『村上朝日堂の逆襲』に「交通ストについて」という話がある。それによると、村上春樹は交通のストライキ、例えば線路を電車が一本も走っていない、みたいな状況が好きなんだとか。 理由は、「いつもと違っ … 続きを読む ジョン・F・ケネディ「人間は生まれつき不公平に作られている」