村上春樹新聞

レクサス、ベンツ、BMWなど、たくさんの自動車と村上春樹

レクサス、ベンツ、BMWなど、たくさんの自動車と村上春樹

「車の免許なんて取らない」
そう言っていた小説家の村上春樹。
でも、気づけば冬でもオープンカーに乗る人になっていた。
そんな村上春樹が書いたはじめての小説『風の歌を聴け』から新作『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』まで。
村上春樹の本に登場した数々の自動車をまとめてみました。
村上主義者でも村上主義者でなくても、新車選びでも中古車探しでも、もしよければ車選びの参考にしてみてください。

フェラーリ

村上春樹が死ぬまでにかなえたい夢として「紅葉マークをつけて運転したい」というイタリアの超高級スポーツカー。
http://www.ferrari.com/

ランボルギーニ

村上春樹が死ぬまでにかなえたい夢として「紅葉マークをつけて運転したい」という、フェラーリと並ぶイタリアの超高級スポーツカー。
http://www.lamborghini.com/

レクサス

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』の登場人物、アオくんがディーラーのセールスマンとして勤めるトヨタのフラッグシップ・ブランド。ライバル車はメルセデスやBMWで、車種もメルセデスやBMWと同じく番号制を採用。
「レクサスって、いったいどういう意味なんだ?」
主人公の多崎つくるくんにそう問われたアオくんはこう返答しています。
「意味はまったくない。ただの造語だよ。ニューヨークの広告代理店がトヨタの依頼を受けてこしらえたんだ。いかにも高級そうで、意味ありげで、響きの良い言葉をということで」
http://lexus.jp/

メルセデス・ベンツ

レクサスからライバル視されるドイツの高級自動車メーカー。
http://www.mercedes-benz.co.jp/

BMW

メルセデス・ベンツと同じく、レクサスからライバル視されるドイツの高級自動車。
http://www.bmw.co.jp/

フォルクスワーゲン

日本で一番売れてる輸入車であるドイツの自動車メーカー。
http://www.volkswagen.co.jp/

アウディ

フォルクスワーゲングループ傘下のドイツの自動車メーカー
http://www.audi.co.jp/

フィアット

村上春樹の本に初めて描かれた、記念すべきイタリアの自動車メーカー。
http://www.fiat-auto.co.jp/

アルファロメオ

イタリアの自動車メーカー。
http://www.alfaromeo-jp.com/

MINI

イギリス生まれの大衆車。
2001年、BMWが新たに自動車ブランドとして設立。
http://www.mini.jp/

ポルシェ

高級スポーツカーとレーシングカーを専門に開発と製造をするドイツの自動車メーカー。
http://www.porsche.com/

マセラティ

「イタリアン・ラグジュアリーの真髄」を謳うイタリアの自動車メーカー。
http://www.maserati.co.jp/

ジャガー

イギリスの高級自動車メーカー。
http://www.jaguar.co.jp/

アストンマーチン

『1Q84』の天吾くんが東京都の二俣尾駅に着いた時、頭の中に浮かんだ自動車メーカー。
http://www.astonmartin.com/

プジョー

フランスの自動車メーカー。
http://www.peugeot.co.jp/

ルノー

フランスの自動車メーカー。
http://www.renault.jp/

ロールスロイス

「やってることは月とすっぽん、ロールスロイスとちゃりんこくらい違う」
『1Q84』にちょい役で出てくる不動産業を営む老人の会話に出てくるイギリスの超高級自動車メーカー。
http://www.rolls-roycemotorcars.com/

サーブ

スウェーデンの自動車メーカー。
http://www.saab.co.jp/

フォード

アメリカ自動車メーカーのビッグスリーのひとつ。
http://www.ford.co.jp/

ジープ

アメリカ自動車メーカーのビッグスリーのひとつ、クライスラーの四輪駆動車ブランド。
http://www.jeep-japan.com/

トヨタ自動車

日本の自動車メーカー。
http://toyota.jp/

本田技研工業

本田宗一郎が創業した日本の自動車メーカー。
http://www.honda.co.jp/

日産自動車

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のアカくんが社長を勤める会社のクライアントにも関連会社がある日本の自動車メーカー。
http://www.nissan.co.jp/

スバル

マセラティに乗っている『ダンス・ダンス・ダンス』の五反田君いわく「実用的」な、富士重工業が製造する日本の自動車メーカー。
http://www.subaru.jp/

三菱自動車

『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』のアカくんが社長を勤める会社のクライアントにも関連会社がある日本の自動車メーカー。
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

スズキ

日本市場においては軽自動車の販売台数1位を競っている日本の自動車メーカー。
http://www.suzuki.co.jp/