村上春樹の出版エージェントの女性がジョージ・ハリスンから聞いた、ビートルズの『ノルウェーの森』誕生秘話

ビートルズの『Norwegian Wood(ノルウェーの森)』。

もともとは
「Knowing she would
(彼女がやらせてくれることは知ってたよ)」

というのが、語呂あわせで
「Norwegian Wood(ノルウェーの森)」
になったそうです。

もうちょっと正確にいうと、
「Isn’t it good,knowing she would
(彼女がやらせてくれるってわかっているのは、素敵だよね)」

そう、村上春樹の出版エージェントの女性が、ジョージ・ハリスンから直接聞いたらしい。

歴史ってどこでどう生まれるかわかったもんじゃないですね。