村上春樹が朗読する『ねじまき鳥クロニクル』

2015年3月いっぱい更新予定の期間限定サイト「村上さんのところ」。 そこで、ある女子高生がこんなメッセージを伝えていました。 「村上さんが村上さんの作品を朗読するのを聞きたい」 それに対する本人の返答はこうでした。 「 … 続きを読む 村上春樹が朗読する『ねじまき鳥クロニクル』

スガシカオ『月とナイフ』と『黄金の月』

日本人については多くを語らない村上春樹。 その村上春樹がエッセイ『意味がなければスイングはない』の中で「スガシカオの柔らかなカオス」という章を割いて語った日本人ミュージシャン、スガシカオ。 http://www.suga … 続きを読む スガシカオ『月とナイフ』と『黄金の月』

妻の浮気、夫の不倫、嫁の不倫、旦那の浮気、彼女の浮気、彼氏の浮気

浮気や不倫は、ごく一般的な出来事である 僕がその真実を知ったのは『そうだ、村上さんに聞いてみよう・・・』という、今は絶版になっている雑誌がきっかけでした。 その雑誌は、小説家の村上春樹と読者の交流フォーラムを一冊にまとめ … 続きを読む 妻の浮気、夫の不倫、嫁の不倫、旦那の浮気、彼女の浮気、彼氏の浮気

薄毛の悩みを少しは改善できる?育毛しても読みたい村上春樹の3冊の本

2015年春。 小説家の村上春樹(66歳)が、読者との期間限定交流サイトでこういう呼びかけをしていました。 【呼びかけ】 全国の未婚の女性のみなさん、髪の薄い男の人たちに対してもっと寛容になってあげてください。僕からもよ … 続きを読む 薄毛の悩みを少しは改善できる?育毛しても読みたい村上春樹の3冊の本

ハルキストから村上主義者へ

一般的に、村上春樹を愛読する人は「ハルキスト」と呼ばれています。 『1Q84』や『色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年』などの新刊が出版された時には、高円寺だか荻窪だかにある「ハルキスト」のためのカフェに「ハルキスト … 続きを読む ハルキストから村上主義者へ

スペイン語版『女のいない男たち』の装丁

スペイン語版『女のいない男たち』の装丁 Hombres sin mujeres Haruki Murakami 村上作品のスペイン語版の装丁 スペイン語版『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』 スペイン語版『ダン … 続きを読む スペイン語版『女のいない男たち』の装丁

中古マンション、新築マンションの購入前に知っておきたいこと

『どこであれそれが見つかりそうな場所で』という、一風変わったタイトルの短編小説を、小説家の村上春樹が書いています。 物語の内容を簡単に説明すると、ある日、東京都品川区にある高層マンションから、証券会社でトレーダーをしてい … 続きを読む 中古マンション、新築マンションの購入前に知っておきたいこと

『ダンス・ダンス・ダンス』に流れていた音楽

「踊るんだよ」羊男は言った。 ローリング・ストーンズ、ポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソン、ビーチ・ボーイズ、ボブ・マーリー、ブルース・スプリングスティーン・・・・・。 数多のミュージシャンが歌を歌う、音楽フェス … 続きを読む 『ダンス・ダンス・ダンス』に流れていた音楽

『ねじまき鳥クロニクル』に出てきた本

村上春樹の本『ねじまき鳥クロニクル』に出てきた本。 ドストエフスキー 『カラマーゾフの兄弟』 『ねじまき鳥クロニクル』の主人公、岡田亨さんが「兄弟の名前を全部覚えている」という、ドストエフスキーの代表作の一冊。 ジョナサ … 続きを読む 『ねじまき鳥クロニクル』に出てきた本