『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない映画について

この映画を見ておくと、『アフターダーク』をもっと楽しんで読めるかもしれない何本かの映画について。

ジャン=リュック・ゴダール監督
『アルファヴィル』

『アフターダーク』の登場人物のひとり浅井マリのいちばん好きな映画のひとつにして、物語の中で重要な役割を果たすホテルの名前にも用いられた映画。
1965年のベルリン国際映画祭において金熊賞を受賞!

ジョージ・ルーカス監督
『スター・ウォーズ』

言わずと知れたSF映画の金字塔。
J・J・エイブラムスを監督に迎えた『スター・ウォーズ エピソード7(Star Wars: The Force Awakens)』は2015年公開予定!
http://www.starwars.com/

リドリー・スコット監督
『ブレードランナー』

真夜中の渋谷を舞台にした幾分デジタルチックな物語『アフターダーク』とはまた違った雰囲気のある街の姿が描かれたデジタルな映画。

アーサー・ヒラー監督
『ある愛の詩』

「『ある愛の詩』って見たことある?昔の映画」と言って、高橋がマリに語った映画。
日本語吹替版では、ライアン・オニールを三浦友和、アリ・マッグローを山口百恵が吹替したこともあるんだとか。

アマゾン

村上春樹の長編小説に出てきた映画