『1973年のピンボール』に流れていた音楽

『1973年のピンボール』に流れていたいくつかの音楽。

リッキー・ネルソン
『ハロー・メリー・ルー』

「おそろしく退屈な街よ」
そんな土地へ、『1973年のピンボール』の直子がやってきた年に唄われていた音楽。

ボビー・ヴィー
『ラバー・ボール』

直子の家の設計者であった年老いた洋画家が肺をこじらせて亡くなった年に唄われていた音楽。

ビートルズ
『ペニー・レイン』

「僕」と友人が開いた翻訳を専門とする小さな事務所。
そこで雇っていた事務員の女の子が1日に20回も口ずさんでいた音楽。
そして、村上作品に初めて登場した記念すべきビートルズの音楽。
http://www.thebeatles.com/

村上春樹の長編小説に流れていた音楽